日常会話の日本語で言うと<行政書士ってナニ? 接続詞編>2

真栄里
命の恩人?
俺のカネで豪華な肉を食べただけじゃないか??

RIE
それは、先生に栄養を採ってもらうためです!
真栄里
それは、表向きの理由であって、本当はRIEが食べ…
RIE
と・に・か・く!
”及び”とか”並びに”とか意味が分かりません。
真栄里
”意味わかりません”ではダメだよ!
専門家になるんだったら。
たとえば、「行政手続法」の1条を読んでみ?
RIE
そんな法律は知りません!
真栄里
いや、知ってないとマズイだろ!!
試験範囲の法律なんだから。
RIE
あぁ~、そういえば、聞いたことはあります。
でも、条文なんて覚えていません!!
真栄里
そりゃそうだろうよ。
俺だって覚えてないよ!
六法を見ればいいだろ?
RIE
見ても良いんですね。
なぁんだ、早くそれを言ってくださいよ。
え~と、行政手続法ですね。

(目的)
第1条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続き並びに命令等を定める手続きに関し、共通する事項を定めることによって・・・

と規定していますね。
どういう意味ですか?

真栄里
えっ?
RIE
”及び”も”並びに”もどちらも日常会話の日本語で言うと、”と”ですよね?
簡単に言うと、

処分行政指導届出に関する手続き命令等を定める手続き…

ということですよね?

真栄里
日常会話ではそうだが、法律用語としての意味は違う!
単なる並列ではない。

及び”は最小単位の並列で用いる接続語で、
並びに”はそれ以上の段階での並列に用いられる接続語

なんだ。

RIE
そんなこと言われても分かりません。
どういう意味なんですか?
もっとわかりやすい例で説明してください。
威張ってるんですか(≧ヘ≦)

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。