結婚観<行政書士ってナニ? 花火編>9

真栄里
ひと昔は、結婚といえば、子供を産む、ということと同義だった。
RIE
そうですよ、だから、子供を産めない女性は離婚された、とかいう話も聞きました。
真栄里
聞いたことあるな。
今もあるとは思うけどな…。
RIE
でも今は、そんな結婚観では社会の変化に対応できませんよ!

真栄里
DINKs(Double Income No Kids)、
要するに、共働きであえて子供を作らない夫婦がいるし、
それに、同性婚も認めるべきだ、という議論もある。
アメリカ合衆国では、2015年6月に、連邦最高裁判所が、
同性婚が憲法上の権利として保障されている、
と判断した。
RIE
知ってます。
新聞にも載ってましたね。
真栄里
日本でも、同性婚が認められる時代が来るかもしれない。
RIE
でも、それは憲法改正が必要なんじゃないですか?
たしか、憲法24条の改正が…
真栄里
条文はなんて書いてある?
RIE
えっ?
お祭りに行くのに六法なんて持っているわけないじゃないですか!!
真栄里
ダメだなぁ…
後部座席に六法があるから取って。
RIE
へ?
車の中に六法なんて置いているんですか?
真栄里
置いてるさ。
なんなら、スマホの中にもあるし。
RIE
病…
心中(R)
気だなぁ…
真栄里
なんか言った?
RIE
い、いえ、RIEの時計の秒針が止まってるなぁ…と言おうとしただけです。
真栄里
時計なんかつけてないじゃないか!
RIE

…え~と、六法六法はと…


-----後部座席から六法を取るRIE-----


RIE
ありました。
真栄里
なんて書いてある?
RIE
えっと、

24条1項
婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

とあります。

両性の合意

とあるので、憲法は
“両性”、
要するに、男性と女性間の婚姻を認めている、ということになるはずです。
だから、同性婚を認めるには、憲法改正が必要なのでは?

真栄里
字面に囚われすぎたらダメなんだよ、解釈においては。
RIE
で、でも明らかに“両性の合意”とありますよ?
真栄里
この文言が何故あるのか?
その趣旨が重要なんだ。
そもそも、なんで24条が制定されたと思う?
RIE
「なんで…?」
ですか?
男女間の婚姻を認める趣旨を示すため?
真栄里
違う。
現憲法が制定される前の旧憲法の下では、「家」制度に基づき、婚姻には戸主の同意が必要だったんだ。
RIE
“戸主”って?
真栄里
“家”の統率者、要するに一番偉い者だ。
その戸主の同意がない限り、子供は結婚することができなかった。
正確には、戸主の同意がなくても結婚はできたが、同意を得ずに結婚した者を「家」の戸籍から排除する(離籍)ことができたんだ。
RIE
へぇ~、なんて不便な。
けしからん制度でしたね!
真栄里
だからこそ、駆け落ちをする男女もいたわけだ。
そんな「家」制度への反省から、家族に関する24条が制定された。
よく条文を見てみ!

婚姻は、両性の合意「のみ」に基づいて成立し、

とあるだろ?

RIE
あります。
この「のみ」が重要なんですか?
真栄里
そう!
要するに、
両性の合意以外に他者の同意は不要だ、
という趣旨なんだ。
RIE
結婚は、他者の同意がなくても、結婚をしようと誓った当事者の合意だけで成立する、ということですか?
真栄里
そういうこと。
この文言の意味は、だから、「両性の合意」とは書かれてあるが、婚姻には婚姻当事者の合意以外に他者の同意は不要だ、ということを強調する点にあるわけだ。
なので、24条は、婚姻を両性間でだけ認めるという趣旨ではない。
つまり、憲法24条は、同性婚を禁じているわけではない、ということだ。
もっとも、憲法24条が、
同性婚を権利として積極的に保障しているのか?
同性婚を法律で認めることを許容しているのか?
に関しては争いがあるだろうが、いずれにしろ、憲法24条を改正しなくても法律で同性婚を認めることは可能だ。
後は、国会での議論、ひいては国民の議論に任されることになる。
RIE
なるほどぉ~。
恋話からよくもまぁ、憲法の話にしましたねぇ(ー。ー)フゥ
分かりました!
今日は、時間もたっぷりありますから、RIEも覚悟を決めて先生の話に付き合います。
だから、先生も存分に難しい話をしてください。
全部受け流しますから…!
真栄里

流したらダメだろうよ。

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。