「出る杭は打たれる」<行政書士ってナニ? 法定相続分編>3

真栄里
現民法では初め、配偶者の法定相続分は少ない場合、三分の一だったんだが、昭和55年の民法改正で少なくとも二分の一に引き上げられたんだよ。
RIE
ということは、

RIE
現民法になってから30年以上は配偶者の法定相続分は少ない場合、三分の一だったんですね。
真栄里
現民法が昭和22年制定(改正)だからそういうことになる。
RIE
妻の地位が段々と良くなってきたということですね。
しかし、ふざけてはいませんか?
妻に相続権がないというのはもってのほかですよ!
真栄里
まぁ、それは昔の家制度が背景にあったからで、現在の日本では家制度は廃止されているから。
RIE
制度としては確かに廃止されていますけど、未だに人々の無意識に宿っているんじゃないですか?
だって、結婚したら当然に夫の姓になる夫婦が圧倒的なんですから。
2014年のある統計によると、結婚して夫の姓を名乗る割合は、なんと、約96%にものぼるそうです!!
結婚後、妻の姓を名乗る割合は、夫婦100組中、たったの4組なわけです。
それって、家制度の名残じゃないんですか!!
真栄里
って、俺に怒ってもしょうがないだろ?
RIE
そうですけど…
なんかやってられないなぁ、と思いまして。
真栄里
日本は、「同調圧力」が強い国だからなぁ。
RIE
「出る杭は打たれる」ですか?
真栄里
そう。
RIEの口からことわざが出てくるとは…
RIE
頭も鍛えているので!
目指せ文武両道です。
真栄里
何かスポーツでもしてるのか?
RIE
あれ?
RIE言ってませんでした?
こう見えても、空手の有段者なんですよ。
真栄里
マ、本気で?
本当ですか、RIEさん。
RIE
本当です。
だからRIEを怒らせると怖いですヨォ〜。
真栄里

でも、中間試案はまだ実現していないから、現在の民法で法定相続分がどうなるのかをパターン毎にしっかり抑えることが必要だな。
どうだ?
ちゃんとそこらへんの勉強はしているか?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。