暗闇に向かってジャンプ<行政書士ってナニ?慰労会編>3

真栄里
ちょっ、ちょっと待て!
1升なんて誰が飲むんだよ?

RIE
大丈夫ですって!
RIEが責任をもって飲みますから。
たとえ残ってもボトルキープしておけばいいんです。
慰労会は毎月あるんですから。
心配しなくても、す~ぐなくなります(o^∇^o)ノ
店員
はい、お待ち!
どうぞ。
今日はいつもより島酒に移るのが早いですねぇ。
RIE
飲まないと聞いてられない話があるんですよ。
大変なんです!
店員
(小声で)でも、RIEさんが男性と2人で来るのって珍しいですね。
いや、初めてですよね?
RIE
(小声で)そうなんですよ。
そういうことなんで、よろしくです。
真栄里
何をコソコソと内緒話をしているんだ?
RIE
いえいえ、こっちの話です。
とにかく、信じるのか?信じないのか?という話ですね。
あっ、ということは、結婚も同じですね?
真栄里
は?
RIE
誰と結婚するかなんてのも結婚相手と信じるかどうか?という…
運命の赤い糸というじゃないですか!
真栄里
さぁ、分からんなぁ?
RIE
結婚に踏み切れない人が世の中にはいますけど、そういった人々は、ジャンプすることができないということですね。
先生もジャンプができない…
いえ違いますね、そもそも相手がいない…
いえ違います、相手がいることに気が付いていない…
真栄里
なんかうるさいけど?
結婚しない自由もあるんだよ!
RIE
石橋をたたいているだけが人生じゃない、と思いますよ。
一寸先は闇の中を勇気を出してジャンプする、ということも必要かと?
真栄里
あはは(^∇^)
よく考えないで暗闇に向かってジャンプばっかりしているRIEらしい。
RIE
RIEは勇気がありますから。
真栄里
いや、違うぞ!
たしかに最後の最後の最後は暗闇へジャンプする必要がある。
その意味ですべてのことは最後は信じるか、信じないかの問題といえる。
しかし、そこに至るまでは人知を尽くすということが前提なんだよ。
そのうえで、最後の最後の最後にジャンプをするんだ。
ところが、RIEは人知を尽くす前にジャンプをしている。
俺から言わせてもらえば明らかな崖から飛び降りるようなものだ。
RIE
ひ、ヒドっ(≧ヘ≦)
真栄里
もう少し物事は考えて行動しないと痛い目にあうぞ!
RIE
人生は死以外は軽傷なんです!
真栄里

なんて豪快な。
RIEに付き合える相手いるのか?
RIE
なかなかいません。
あっ、酒の肴がやっと来ました。
店員
すいませ~ん、遅れました。
焼き鳥の盛り合わせと、刺し盛りと、海鮮サラダ、アンコウの肝をまずはお持ちしました。
RIE
さぁさぁ、食べましょう!
真栄里
ちょ、ちょっと待て、「アンコウの肝」ってなんだ?
あのグロい、チョウチンアンコウか?
RIE
そうですけど?
真栄里
俺は遠慮しておく。
RIE
美味しいですから。
RIEを信じてジャンプしてください。
最後の最後は信じるかどうかです(^▽^)/

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。