月額賃料×4と同じですよね?<行政書士ってナニ? 家賃支援給付金編>2

RIE
先生、家賃支援給付金の申請ですけど、なんか数字が合わないんですよ。
なんでですか?

真栄里
何の数字だ?
RIE
家賃の給付額です。
たとえば、家賃が月額9万円だとすると、36万円が給付額となりますよね。
真栄里
そうだな。
RIE
で、月額11万円の家賃の場合、44万円になるとRIEは思うんですよ。
でも、申請画面では、44万円ではなく、439,998円にしかならないんです。
意味わかりません…
真栄里
給付額の算定式は?
RIE

月額賃料×2/3×6

です。
これはつまり、

月額賃料×4

と同じですよね?数学的には。

真栄里
そうだな。
掛け算は、掛ける順番はどうでもいいからな。
RIE
ですよねぇ。
そうすると、賃料が11万円の場合、11万円×4=44万円となるはずですよね?
真栄里
そうなるな。
RIE
でも、申請画面では439,998円にしかならないんですよ!
真栄里
ということは、月額賃料に2/3を掛けて、その答えに6を掛けているんだろう。
RIE
おかしいでしょう、それは。
もしそうだとするとですよ、月額賃料が10万円の場合、10万円×2/3=66666.6…円で、66666.6…×6=399999.9…円となりますよ?
でも、申請のガイダンスでは、月額賃料10万円の場合の給付額は40万円だ、と書いてあるんです。
ということは、月額賃料×4で計算しているはずなんですよ。
おかしくないですか?
真栄里
…たしかに…
どうなってるんだ?
ん?それに11万円の場合、計算式によれば439,999円になるはずだが、なぜ439,998円になっているんだ?
11万円を3で割ると36666.6…だろ、で2を掛けてさらに6を掛けると439999.9…円となるはずだがな。
36666.6…を36666.5としてそれに2と6を掛けると439,998円になるな。
どういう計算なんだ?なんで36666.6…を36666.5とするんだ?
小数点以降は、5を超えると5に固定されるということか?
RIE
いや、あのRIEに聞かれても困ります…
真栄里
それに無理に小数点で計算しなくても、110,000×2/3×6を分数で計算してもいいよな。そうすると、220,000/3×6=440,000となるはずだ。
RIE
そうですよね。
割り切れない数字を無理やり割ろうとするから小数点になり、切り捨てとか切り上げとか変な操作が入ってくるんですよ。
割り切れないなら割らずに分数で表せばいいんですよ!
国はそんなこともわからないんですか?
真栄里
それはわかっていてそうしてるんじゃないか?四則演算が分からないとは思えない。意図的にそうしているんだろう。
RIE
なんかひどくないですか?3で割り切れない賃料だと割り切れる賃料よりも損をする可能性があるということですよ?
真栄里
そうなるな。
たとえば、

申請者Aの月額賃料が110,001
申請者Bの月額賃料が110,000円

の場合に上の計算式で計算をすると、
110,001円が3でちょうど割り切れるからAへの給付額は440,004円となる。
だが、申請者Bへの給付額は439,998円だ。
月額賃料×4で計算すれば、AはBよりも4円多くもらえる、逆にBはAよりも4円少なくなるんだが、国の計算ではAはBよりも6円多くもらえる、逆にBはAよりも6円少ないわけだからAの方がBよりも2円得しているということになる。
逆に言えばBはAよりも2円損をしているわけだ。
不均衡だな。

RIE
なんか、数学の勉強ですか?今日は。
数字、小数点、分数、掛け算や割り算が出てきてややこしいですけど。
真栄里
数学になってない、算数だろ?小学生が分かる内容だ。
RIE
算数も数学も好きではないです。抽象的過ぎます。
あ、でも自分の給料を数えるのは大好きです!
なんか、毎月の給料が少ない気がするんですよねぇ~。
残業は、秒ごとにカウントしましょう!
それで、小数点以下は10円に切り上げで。
100.001円とかになるんだったら110円ということで。
真栄里
アホか。
逆ぼったくりだろ、それは。
せめて、1円切り上げだろ。
何言ってるんだ、まったく!
RIE
了解です!
小数点以下は、1円に切り上げます!
ありがとうございます!!
さっそく今年の給料からさかのぼって適用したいと思います。
真栄里
遡及適用するんじゃない。

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up