革命でも起こしたいのか?<行政書士ってナニ? 転売ヤー編>2

真栄里
「資本主義が悪いんじゃないですか!」
とはまた大きく出たな。

RIE
資本主義が機能していないんじゃないですか?
真栄里
革命でも起こしたいのか?
RIE
そうじゃないですけど。
真栄里
いろいろな考え方があるので難しいところだが、国家が経済を管理する計画経済よりも市場に任せた方がうまく経済が回るというのが経済学の通説的な考え方だと思うぞ。
RIE
でも市場は万能じゃないでしょ?
真栄里
それはもちろんそうだが、だからといって資本主義を辞めて共産主義にでも移行するか?
稼ぐ能力が高い人も低い人も同じ額の給料をもらうという社会。
RIE
あ、それは嫌です。
RIEはもっと欲しいです!
ください。
真栄里
稼ぐ能力がある人は他の人よりも稼げることを制度的に保証したのが資本主義だから人より稼ぎたいと思う限り資本主義を辞めることは難しいだろう。
RIE
そうはいっても資本主義は万能じゃないでしょ?
どうするんですか?そのまま?
真栄里
「市場の失敗」は起こることだ。
要は、経済効率性が達成されていない状態のこと。
RIE
要は、市場だけに任せていたのではダメ、ということですよね?
真栄里
まぁ、そういうこと。
RIE
であれば、国家が市場に介入する必要がありますよね。
真栄里
そうだな。
だが、介入することができるのか、できるとした場合どの程度介入することができるかは法的問題になる。
RIE
経済学では「市場の失敗」に対して国家の介入を要請するのに、法的にはできないこともある、ということですか?
真栄里
論理的には、経済問題と法的問題は別だから理屈上はそういうことになる。
RIE
さらにめんどくさいじゃないですか…
もっと簡単にならないんですかね?
真栄里
社会が複雑なんだからしょうがない。
しかも転売の問題は、憲法上の問題になる。
RIE
まさか!
あんな転売ヤーも憲法上保護されるんですか!?
ありえないでしょ!
真栄里
「営業の自由」のことを習っただろ?
思い出せ。
RIE
たしか、経済的自由だったかと…
真栄里
そう。
「職業選択の自由」(憲法22条1項)に含まれているというのが最高裁判所の判断だ。
憲法22条1項は、

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

と規定している。

RIE
「選択」の自由としか規定されていないのに「営業」の自由まで保障されているんですね。
真栄里
まぁな、選択の自由は保障したけど、その選択した職業の営業は保障しませんよ、というのでは「選択」の自由を保障した意味がないからな。
RIE
営業の自由は憲法上の権利かぁ…
経済学的には「市場の失敗」の場合に国家の介入が要請されるけど、国家の介入は憲法的には人権制限になりうる…
どうすれば?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。