敷金はほとんど返ってこない…<行政書士ってナニ?(NEW) 債権法改正編>3

RIE
根保証以外の変更点は?

真栄里
そうだなぁ、賃貸借契約の改正もある。
敷金関係を新設したのが分かりやすいな。
敷金を巡っては判例の積み重ねがあって判例法理となっているからその法理を明文化したんだ。
RIE
敷金ってほとんど帰ってこないようになってるじゃないですか(怒)
真栄里
まぁ、業者はなんやかんや言って返さないような契約条項を入れていることが多いな。
民法は、こう規定している。

第六二二条の二 賃貸人は、敷金(いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務を担保する目的で、賃借人が賃貸人に交付する金銭をいう。以下この条において同じ。)を受け取っている場合において、次に掲げるときは、賃借人に対し、その受け取った敷金の額から賃貸借に基づいて生じた賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務の額を控除した残額を返還しなければならない。

RIE
長い…
まぁ、要は、借主が貸主に負担する債務を除いた額の残額をちゃんと返しなさいってことですね。
真栄里
そういうこと。
RIE
でもそんな規定があっても、業者は畳替えの費用とかクリーニング代とか言って請求してくるので敷金はほとんど返ってこないですよ。
真栄里
そこも改正により対応済みだ。
原状回復義務を明文化している。

(賃借人の原状回復義務)
第六二一条 賃借人は、賃借物を受け取った後にこれに生じた損傷(通常の使用及び収益によって生じた賃借物の損耗並びに賃借物の経年変化を除く。以下この条において同じ。)がある場合において、賃貸借が終了したときは、その損傷を原状に復する義務を負う。ただし、その損傷が賃借人の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。

「通常の使用及び収益によって生じた賃借物の損耗並びに賃借物の経年変化を除く」

という部分がそれだ。

RIE
これまでは、経年劣化も敷金から引く業者がいましたからね。
ただ、何が経年劣化かを巡って争いが生じそう…
真栄里
まぁな、そこは、国土交通省のガイドラインもあるからそこを参考にして当事者間で決めていくしかないだろうな。
予防法務においては経年劣化の対象をしっかり定めることが大切になるだろう。
RIE
そうですね。
RIEも賃貸借契約書のチェックや作成の際は気をつけます!
真栄里
RIEは外出の際に財布を忘れないように気をつけろ!
RIE
RIEは財布忘れません。
真栄里
いつも持ってないだろうが!
全部俺が出しているんだが?
RIE
先生と一緒のときだけなぜかもってないんですよねぇ(笑)
真栄里
故意だろうが。
RIE
あ〜、たしかに、恋ですねぇ。
真栄里
ちゃんと持ち歩けよ。
RIE
気づいてないし…
真栄里
ん?
なんか言ったか?
RIE
なんでもないです!
で、他にはどう言った改正がありますか?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。