毎日楽しく仕事することができたので残念なのですが<行政書士ってナニ? 移籍編>5


-----翌日の日曜日。真栄里のアパートの前-----



心中(R)
ベルを押そうか?
いや、でもなんて言えばいいのか分からないし…。
でも、この漢方薬とお味噌汁は渡さないといけないし…。
う~ん…
ピンポンダッシュする?
それじゃ小学生…。


-----逡巡すること10分-----




-----ガチャ-----


真栄里
え?RIEどうした(ゴホッゴホッ)?
RIE
あっ!な、何でもありません。
お母さんがこれ持って行きなさいって。
はい。


-----漢方薬と味噌汁を渡す-----


真栄里
あ、ありがとう。
RIE
外出なんかしてないでゆっくり休んでください、で、では失礼します。


-----急いで帰る-----


心中(R)
はぁ~、びっくりした~!
思わず帰っちゃった…。
ま、関係ない関係ない。


-----翌日の月曜日-----


A先生
RIEちゃん、おはよう。
RIE
おはようございます。
今週もよろしくお願いします。
A先生
あ~、RIEちゃん、ちょっといいかな?
RIE
はい、何でしょうか?
A先生
残念ながら、RIEさんを本採用することはできません!
RIE
え?
な、なぜ…
A先生
RIEさんには戻るべき場所があると思います。
RIEさんがいた期間、毎日楽しく仕事することができたので残念なのですがね。
RIE
そ、そうですか…
分かりました。
短い間でしたがお世話になりました。


-----A事務所を去っていくRIE-----




-----プルルル・プルルル-----


真栄里
はい、真栄里です。
A先生
行政書士のAですが。
真栄里
A先生、どうされました?
A先生
真栄里先生、RIEさんを本採用しませんでした。
たった今、彼女にその話をしたところです。
真栄里
えっ?どうしたんですか?
何かまずいことしました?
仕事はできるはずですが…。
A先生
いや、能力の問題ではなくて、気持ちの問題ですね、彼女の場合は。
私の事務所にいたら彼女の良さがなくなっていくと思ったので、本採用はしませんでした。
真栄里
まぁ、先生がそう判断されたのでしたらそうなのでしょうけど…。
A先生
そういえば、彼女どうしようかと悩んでいましたよ。
まずは、今すぐハローワークに行くと言っていましたが、もし彼女の条件にあう仕事がなければ、あの様子だともしかしたら夜のバイトをするかもしれませんねぇ…。なんか、40万円もの借金があって返さないといけないと言っていましたし。不良債権化はまずいとか、なんかよくわからないことも言っていました。
真栄里
…ま、まぁ、彼女も大人ですから…
A先生
そうですね、私たちには関係のないことです。どうするかは彼女次第ですから。
ともかく、報告でした。
それではまた。
真栄里
ありがとうございました。


-----直ぐに事務所を飛び出す真栄里-----


---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。