究極の贅沢は<行政書士ってナニ? 日常編>足るを知る

RIE
ひろゆきさんへ質問してひろゆきさんが回答をするというコンテンツがあって、ネットに載っていたのをたまたまみつけたんですけど、面白かったです。

真栄里
ひろゆきさんって?
あの2ちゃんねるの?
RIE
そうです。
なんか、生活保護を受けている人からの質問で、たしか、自分は生活保護費だけで好きなゲームをしたりネット上でいろいろな人と繋がれて働くことなく毎日楽しく過ごせています。私こそが勝ち組ではないでしょうか?こんな自分に反論してみてください。
みたいな内容でした。
真栄里
面白いことを聞く人がいるんだな。

知人者智、 自知者明。 
勝人者有力、 自勝者強。 
知足者富、 強行者有志。 
不失其所者久、 死而不亡者壽。
(老子「辯德第三十三」)

RIE
え〜と…
漢字ばかりですけど。
真栄里
特に赤字の部分だが、足るを知る者が豊かな者だ、という意味と自分の居るべきところを失わない者は、長く安らかだという意味。
足るを知っているならそれで良いんじゃないか?
勝ち組負け組っていう区分自体おかしいわけで。
何を基準に分けているのか?
RIE
経済力とか異性にモテるか、とかじゃないですかね。
真栄里
資本主義経済においては、ほぼ全てのことが金銭の問題となるからこの資本主義経済の社会で生きていくために経済力は必要になるだろう。経済力があれば金銭的に楽に生きて行きやすくなるだろうし。
RIE
欲しいものがたくさん買えますからね。
世の中には一回の買い物で1,000万円も使うセレブがいるようですよ。
真栄里

贅沢すぎるだろ。
RIE
うらやましい…
真栄里
ここで、“足るを知る”が重要になるんだよ。
物欲はキリがない。底無し沼だ。
決して満たされることはない物欲に囚われるとそれこそ不幸じゃないか?
買っても買っても満足できないんだぞ?
RIE
経験したことないからわかりません。
経験してみたいです。
真栄里
じゃあ思考実験だ。
RIEがモテモテで、複数の金持ちイケメンから求婚されたとしよう。
どうする?
RIE
RIEには決まった人がいますから。
先生がRIEにその質問をするのは酷じゃないですか?
真栄里

え〜と、じゃあ、RIEに1億円の年収があるとしよう。
幸せか?
RIE
そりゃもう!
豪華な家に住んで、豪華な古着を心ゆくまで買って。
豪華な食事、フォアグラ、キャビア、トリュフ、回らない銀座の寿司、黒毛和牛A5ランク、ウニ、イクラ、本鮪の大トロと中トロ、タラバガニ、高級和食、満漢全席、それからまだRIEが知らない料理!
真栄里
(^_^;)
物欲と食欲のみじゃないか。動物か。
まぁいい。
で、その全部の欲望を満たせたとしてどうする?
RIE
とりあえず満足です。
真栄里
でも毎日食べるには年収1億円では足りんかもな。
銀座の寿司は30,000円くらいはするようだから、
30,000円×30日で900,000/月
900,000×12=10,800,000円/年
となる。もう年収の1/10だ。
どうする?
RIE
どうすると言われても…
我慢するか年収を増やすか。
真栄里
火がついた物欲は抑えきれんから年収を増やすしかないだろうな。
世の中には常に上には上がいるから年収2億、3億、10億、100億という人達がいる。
そういう人達と比べるとRIEの年収がちっぽけに見えてくる。
そうすると、きっとRIEは不幸だと感じるはず。
RIE
年収1億あっても不幸に感じるんですかね?
想像できませんけど。
真栄里
俺も想像はできんがきっとそうなる。
比較するということはそういうことだからな。
比較するというのは、基準が他人ということだが、基準を他人に置くと自分の幸せは常に相対的なものにしかならん。
他人を基準に置くともう幸せにはなれないだろう。
RIE
なんか怖いんですけど。
真栄里
怖いぞ。
そこから逃れるためには他人と比較するんじゃなく、基準を自分の中に置くしかない。
足るを知るというのはそういうことだと俺は思う。
究極の贅沢はなんだと思うか?
RIE
世界征服?
真栄里
アホか!
世界征服をした人間はまだいないし、過去の歴史でも多くの国を征服した者で幸せだった者もいないんじゃないか。
共和制ローマ期の皇帝だったガイウス・ユリウス・カエサル(英語名シーザー)だって最後は腹心のブルータスに暗殺されている。
ちなみに、「神曲」では、ブルータスは地獄の底(第九の圏谷の第四の円ーユダの国ジュデッカ)にいるということになっている。そこでは恩人を裏切った者が全身を氷漬けにされて悪魔大王(ベルゼブルあるいはルシフェル)に噛み砕かれているらしい。

劉邦だって、漢王朝建国後、腹心に自分の地位を奪われるのではないか?と疑心暗鬼になり漢の三傑と称される”韓信”を最終的には粛清している。
もっとも「史記列伝」の”淮陰侯列伝第三十二”で、司馬遷は、韓信が粛清されたのは韓信の人となり(謙虚じゃない、自分の功績を誇る、才能を鼻にかける)のせいだから当然だと評価しているが。
RIE
そういう人だったのなら仕方ないですね。
真栄里
ただ、司馬遷自身、漢王朝に使えた太史令という役人だったから、基本的に劉邦(高祖)を正当化する観点から史記を編纂している。
だからその司馬遷の評価を鵜呑みにすることは韓信に可哀想だとは思うがな。
RIE
ところで、今更ですが、”かんしん”さんってだれですか??
真栄里
え、今頃?
う〜ん
”背水の陣”って知ってるか?
RIE
聞いたことあります。
たとえば、牛乳の安売りが明日あるだろうと信じて、今日までの分しか牛乳はないのに、明日買おうと思って今日は牛乳を買わないことみたいな?
真栄里
そうそうそうっておい!
なんで牛乳か。しつこいぞ!
俺の好みは放っておけ。
とにかく、敵を欺くために、自陣を敢えて不利な陣形にして、つまり河を背後にして陣を敷いて(”背水の陣”)、その戦いに勝利した漢の名将のことだ。
RIE
へぇ〜、
仕事には全く役立ちませんけど、なんかありがとうございます。
で、なんの話でしたけっけ?
あ、タルタルソースの話!
真栄里
”たる”しか合ってないだろ!

---終---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。