ハサミでバッサリと切った<行政書士ってナニ? 相隣関係編>竹木

RIE
せんせ〜、スタバでサボっていた時、となりの女性二人組が面白い話をしていました。
真栄里
いつサボったんだ?
RIE
え、いやサボりじゃなく、休憩です。
というかそこは問題じゃないんです。

真栄里
RIEの面白いと言う話が面白いわけないだろ?
RIE
民法の話だから先生にとって面白いと思います。
真栄里
ほぉ、どんな話だ。
というか、隣の会話を盗み聞きしたのか?
RIE
盗み聞きもなにもないでしょ、聞こえるんですから。
真栄里
ほんとかぁ?
“サントリー・サタデー・ウェイティング・バー”に出てくるイタリアンレストラン「アヴァンティ」のウェイティングバーで繰り広げられるお客同士の会話に常連客の男性が耳を傾けるみたいな感じで盗み聞きしたんじゃないのか?
RIE
何の話ですか?
どこのレストラン?
真栄里
FMラジオ番組だ。
RIE
そんな番組は知りません!
真栄里
まじ?
1992年から21年間も続いた大人気番組だぞ!
RIE
RIEはラジオっ子じゃないので。
真栄里
ジェネレーションギャップだな。
面白かったんだ。
ジェイクやスタンというバーテンダーのたどたどしい日本語とか味があったなぁ。
もしかしてRIEより日本語上手だったかもしれんな(笑)
RIE
そんなわけないでしょ!
そんなことより、民法の話です。
その女性、隣の家の土地から伸びていた木の枝が自分の車を停める場所に伸びてきていたので、ハサミでバッサリと切ったという話をしていました。
それ聞いて、いいのかなぁと思いました。
真栄里
相隣関係の話か。
狭い日本ではよくあるよな。
アメリカみたいに広くても相隣関係はもちろんあるが。
RIE
たしか、民法的には、隣地の木の枝が自分の土地に入ってきても勝手にその枝を切ってはいけなかったですよね?
真栄里
そうだ。
条文(民法233条1項)では、

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

と規定されている。

RIE
切除請求権があるだけなので、隣地所有者の同意なく勝手に隣地から越境してきた枝を切ってはダメなんですね。
真栄里
民法的にはな。
RIE
勝手に切ったその女性はどうなります?
不法行為ですかね?
真栄里
民法的にはそうなるな。
権原なく勝手に隣地所有者の枝を切っているわけだからな。
RIE
でも、その切った人だって自分の土地の利用が妨害されているわけですけど?
真栄里
越境された人には、自己の土地の所有権に基づく妨害排除請求権があるわけだからまずは越境している人に切除請求をするということに民法的にはなるわけだよ。
RIE
なんともめんどい手続き・・・
で、切除請求をしたのに越境者が切除とか竹木を他に移植しなかった場合は、裁判所に訴えるわけですか?
真栄里
通常の所有権に基づく妨害排除請求の場合はそうなるが、相隣関係では変わってくる。

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。