家族信託ってなんですか?<行政書士ってナニ? 家族信託編>仕組み1

RIE
行政書士 真栄里 法務事務所って、家族信託にも対応してますよね?
真栄里
してるよ。
RIE
家族信託ってなんですか?正直に聞きますけど。

真栄里
知らんのか〜い。
RIE
噂では聞いておりますよ(笑)
真栄里
しっかり理解しておかんとダメだぞ。
こんな感じだな。

登場人物は、三人。

RIE
委託者
受託者
受益者
ってありますね。
真栄里
信託法では、第2条1項において、信託を次のように定義している。
信託契約や遺言などで、

特定の者が一定の目的…に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをいう。

それで、
委託者とは、信託契約や遺言などの方法により信託をする者(信託法第2条4項)をいい、
受託者とは、信託行為の定めに従い、信託財産に属する財産の管理又は処分及びその他の信託の目的の達成のために必要な行為をすべき義務を負う者(信託法第2条5項)をいい、
受益者とは、受益権を有する者(第2条6項)
としている。
「受益権」とは、信託行為に基づいて受託者が受益者に対し負う債務であって信託財産に属する財産の引渡しその他の信託財産に係る給付をすべきものに係る債権(以下「受益債権」という。)及びこれを確保するためにこの法律の規定に基づいて受託者その他の者に対し一定の行為を求めることができる権利(信託法第2条7項)のことだ。

RIE
あ〜〜
難しい文字ばかり…
つまりは?
真栄里
行政書士なんだからさ、条文は読めるだろ?
RIE
イメージ持たないと厳しいでしょ。
真栄里
委託者=自分の財産の管理をお願いする人
受託者=財産管理をお願いされる人
受益者=利益を得る人
って感じ。
上の例に当てはめてみ。
RIE
Aは委託者なので、自分の財産である家屋の管理をBにお願いしているわけですね。
BはAからA所有家屋の管理をお願いされて、その家屋を甲に貸して賃料を受け取っていると。
で、Cは受託者Bから月10万円という利益を得ている。

こんな感じですね。
真栄里
現象的にはそうなるな。
RIE
信託に出された財産って誰に所有権があるんですか?
真栄里
おっ、
いい質問だな。
ちなみに、
信託に出された財産の全体は、「信託財産」と呼ばれ、
信託財産を構成している個々の財産は「信託財産に属する財産」と呼ばれて一応区別されているから気をつけつように。
RIE
またややこしくなりますねぇ。
まぁでも、
RIEはやればできる子ですから。
真栄里
成人してからも言うか?
RIE
こども、大人は関係ありません。
人間死ぬまで成長あるのみです。
真栄里
可能性を信じることは大切だが、可能性を可能性のままで終わらせるなよ〜。
可能性を現実化すべく行動しないとな。
RIE
はい!
先生の信託講義を理解してから実践します。
真栄里
頼むぞ!
さて、
信託の場合、権利は委託者から受託者に移るんだ。
RIE
そしたら、受託者は委託を受けた財産を自分のものとして処分し放題じゃないですか。
受託者が信託財産受益者は利益を得られなくなりますよね?
真栄里
まぁ、委託者から受託者に権利が移転するのだからそうなりそうだが、そうではない。
もちろん、信託契約は契約だから第三者効はない。
ということは、信託契約だけを結んでいたのでは、受益者Cは、受託者Bから信託財産に属する財産を譲り受けた者(たとえば、乙)に、自分に受益権があるということを主張することはできない。
RIE
ほら〜
そうでしょ??
契約だもの!
真栄里
契約だけだとそうなる。
だが、その結論では信託の意味が全くなくなる。
RIE
ですよね。
真栄里
そもそも信託というものは、たとえば上の例で言えば、
委託者Aが自分の家屋から得られる利益を受益者Cに与えるためにその家屋の所有権を受託者Bに移してその家屋の管理をBに任せ、Bに対して家屋の管理から得られた利益(賃料)をCに与えることを目的として締結される契約だからな。
RIE
ですね。
真栄里
単なる契約違反だといってBに損害賠償請求をするということでCB間の関係は解決すると言うのでは信託の意味は1/4減だ。
RIE
1/4減って(笑)
正しい日本語を使ってください。
真栄里
半減の半減を一言で表す言葉を今作ったんだ。
言葉は作るものだからな。文法的に間違いというわけでもないし。
要は、新しい言葉が市民権を得て正しい日本語と認識されるかどうかだけが問題だ。
そもそも、言語とはな…
RIE
ストップストップ
言語の話はなしです。
今は信託の話ですから言語の話は忘れて信託に集中してください。
言語の話は、「語らう会」で思う存分してください!

---次話へ続く---



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。