”バカみたい”に扱うんじゃないですよ<行政書士ってナニ? 保険金請求編>5

RIE
さっきから1人、1人ってうるさいですよ!!
この話の続き聞きたくないんですか?
だったら終わりますけど(≧ヘ≦)
真栄里
いやいや、もっと聞かせてください、RIEさん!
RIE
そんなにお願いするのなら仕方ありませんね!
教えてあげます。

RIE
で、年明けまでに、東京地裁民事交通訴訟研究会というところが出している本、え~と、題名なんだったけ・・・
交通事故の過失割合とか過失相殺の類型を書いた本なんですけど・・・
真栄里
あ~、この本だな。
ほれ!

-----ドサッ-----

RIE
あ~、これです、これです。
そう、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という本。これを手に入れたんです。
長いし、よく意味分からない題名ですけど・・・。
でもなんで先生がこの本持っているんですか?
真栄里
ま、俺にもRIEと似た経験をしたことがあるということだよ。
RIE
なんだ~、そうだったんですか!
似たもの同士だったんですね、私たち。
真栄里
いやそれはない。
似ているのは、人類というだけだ。
RIE
・・・
そうですね、RIEが新人類で、先生は旧人類ってとこですね(‐^▽^‐)
もしくは、RIEがデジタルで、先生はアナログ・・・生きた化石・・・シーラカンス。
ということは、先生は魚類?!
真栄里
・・・何言ってんの?まったく。

アナログが分かりやすいんだよ!
しっかし、RIEがよくそんな本読んだものだ。
RIE
それくらい怒りMAXだったということです。
この本によると、RIEの事故の過失割合は、RIEが5%で、相手が95%だったんです。
真栄里
それはまた、相手の主張と大きく違うね。
RIE
でしょ?
RIEを”バカみたい”に扱うんじゃないですよ ゛(`ヘ´#)
真栄里
そうだ、そうだ。
”みたい”はいらないんだ。
RIE
ちょっと先生、どさくさにまぎれていいかげんなこと言わないでください!!

とにかく、その本の該当部分をコピーして、そして「交通事故証明書」も用意して年明けに相手方の代理人とまた会ったんですよ。
そして、この本のコピーを見せたんです。
そしたら何と言ったと思います?
真栄里
さあ?

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。