その委任状ではダメです<行政書士ってナニ? 委任状編>

RIE
昨日、役所に午後4時30分くらいに行ったら、RIEの前の人が役所の人とケンカしていましたよ。

真栄里
ほぉー、それは見たかったな。
RIE
業者じゃないですかね、委任状を役所の担当者の前で作って戸籍謄本か何かを取ろうとしていたんですけど、役所の方がその委任状ではダメです、って言ったのに対して、その人が「俺は委任を受けているんだ!」と言ってブチ切れて騒いでいました。
真栄里
まさか、その人は行政書士じゃないだろうな?
RIE
わかりません。RIEの知らない人でした。
まぁでも雰囲気的に何らかの士業の方じゃないですかね。
真栄里
役所の人もかわいそうに。
委任状を目の前で作るなんてありえんからな。
RIE
でも、委任って諾成契約ですよね。
本人との間に委任契約は成立しているんですから役所の目の前で委任状を作っても法的に問題はないんじゃないですか?
ダメですか?
真栄里
委任契約と委任状の違いわかってるか?
もしかして、契約と契約書の違いもわかっていないんじゃないか?
RIE
あまり意識したことないですね。
まぁ、契約書というのは、契約内容を確認した書面って感じですかね。
真栄里
法律の話をしているときに、「〜な感じ」という言い方はやめろ!
なぁなぁでわかった気になるのが一番まずいんだ。
英語でも口頭で和訳をさせると、「〜という感じです」という回答が来ることが多いが、それでは英語の勉強になっていないからな。
知ってる単語をつなげて日本語で勝手にストーリーを創っているだけだから。小説家ならまだしも、英語の勉強にとっては百害あって一利もない。
そもそも文法を知らずして外国語を学ぼうとする態度が間違っている、世の中手を抜いて利益を得るなんて…
RIE
英語の話は銀河系外に置いといて、契約書は契約内容を確認する文書です。
真栄里
まぁ、英語はさておこう。だが、銀河系外は置く場所が遠すぎる。せめて車の中くらいにしとけ。


契約書は契約内容を確認する文書だが諾成契約の場合、口頭で契約は成立しているのに、何故文書で確認する必要があるんだ?
RIE
Aという事項について、約束した、約束していない、という争いを防ぐためですかね。
真栄里
そうだな。
口頭だけだと、当事者間の争いは水掛け論になる。人間の頭の中を他者が見ることはできないからな(たぶん)。
RIE
RIEは先生の頭の中を見ることができます!
先生は、「サトラレ」です、RIEには。
いや、RIEが「サトリ」なのかな?
“サトリます!”
真栄里
俺が好きなドラマを侮辱するな(怒)
ともかく、当事者間にどういった合意があったかを第三者がわかるようにしておくために書面を作るんだ。
ということは、当事者双方が合意内容を記載した書面を作成する必要がある。
委任状だって全く同じだ。
RIE
でも、昨日のケンカの件は、委任者本人と受任者間には争いはないと思いますよ。受任した人は役所が閉まるまでに委任者本人から委任状をもらえないという切迫した中で委任状を作成したようですから。
真栄里
まず、確認したいのは、委任状を誰に見せるのかだ。
役所で戸籍謄本などを取ることができるのは原則本人だ。
本人が役所に取りに行けないので代わりの者に取りに行ってもらう場合に、本人は受任者に委任をする。
委任を受けた者(受任者)は、委任を受けて本人に代わって役所に戸籍謄本などを取りに行く。というのがここでの委任の基本的な仕組みだ。
ここで重要なのは、受任者が本当に委任者本人から委任を受けた者であるかどうかを役所が判断することができるかだ。
役所の担当者の目の前で委任状を作られるとその判断ができんだろ?
RIE
まぁたしかに。
真栄里
たとえば、金銭消費貸借契約の貸主甲から貸金の回収を委任されたと言って、借主乙の目の前で貸主甲を委任者として回収に来たBを受任者とする委任状を作成されたとしよう。
RIEが借主乙だったらBにお金を預けるか?
RIE
とんでもない!
怪しすぎます。
真栄里
だろ?
役所の立場も借主乙の立場と全く同じだ。
目の前で委任状を作られると、本当にその人が受任者なのかを判断することができないんだ。
受任者は委任者から本当に委任を受けているんだろうが、第三者である役所にはその事情は不明だから委任者本人が作成した委任状がないとダメなんだよ。
要は、委任状というのは、“委任事項の証明文書”ということだ。
委任状の仕組みを無視して、恫喝すれば自分の主張が通ると考えることはプロとして失格だ。いや、人として失格だ!
もしその人が行政書士だったら会から処分されても文句は言えんぞ!
RIE
うわっ、怖い!
権力を行使するんですか?
真栄里
もしその人が行政書士だったらな、という話だ。
その場合は、行使したくない強制力を行使せざるを得ない。
RIE
暴君だ!
真栄里
何を言っている、俺は会長ではないから“君”ではない。
RIE
でしたら、“副暴君”ですね。副会長ですから。
真栄里
意味わからん。“君”というのは“王”のことで、“王”は一人だから“副君”なんてものが存在するわけないだろ!
RIE
大統領と副大統領みたいなものです!
ともかく、暴れるのは事務所内だけにしてください。
事務所でなら先生だけが王様です。
RIEは“神様”ですけどね(笑)
真栄里
なんで今時“王権神授説”…

---終---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。