“女性”という概念は年齢とは無関係<行政書士ってナニ? 日常編>タブー

RIE
あの方が、また言ってはいけないことを言いましたよ。
真栄里
どの方が何を言ったんだ?

RIE
M元総理大臣が、「女性と言うには、あまりにもお年だ」と発言しました。
真栄里
あ〜、それな。アウトだな。
“女性”という概念は年齢とは無関係なのに、それをあえて結びつけている。
彼の意図は、子供を産める年齢の方が女性で、産めない年齢の方はもう女性ではない、と“女性”概念を勝手に捉えているのかもしれんな。
RIE
そう考えている男性がまだこの日本には多いんでしょうね。
しかし、前の発言の後にすぐですから、全然懲りてないし、意識も全然変わっていないですね。
真栄里
そりゃ変わらんだろ。
人間の意識を他人が変えようなんて思うこともおこがましいんじゃないか?
RIE
え?
だって言ってはいけないことを公の場で堂々と言う人ですよ?
意識を変えないといけないでしょ!!
真栄里
個人がどう思うかというのは自由だよ。
彼が“女性”概念を年齢と結びつけるのも彼の自由。
だが、それを公の場でも言っていいかどうかは別問題だがな。
個人的な意見がどうあるかは全く個人の自由だが、その意見を公の場では言ってはいけないこともある。
だからといって、個人的な見解を変えろ、意識を変えろ、とまでは誰も言えんだろうな。
RIE
よくわかりませんけど??
個人的な見解を公の場で言ったんですよね。しかも言っちゃいけないことです。
だったら個人的な見解、意識を変えるべきでしょ!
真栄里
だから、公の場での許されない発言と個人的な見解は分けて考えるべきだと言っているんだ。
要は“公”と“私”を分ける議論(「公私二分論」)が大切なんだ。
彼がまずかったのは、公私の区別がついていないと言うことだ。
“私”の領域では何をどう言おうと自由だが、“公”の領域は“私”の領域と区別して発言をしないと。
RIE
そんなことできます?
二重人格者じゃあるまいし。
真栄里
公私をきちんと分けるというのは大人として当然必要なことだ。
それがわからないのは子供だ。
公私をきちんと区別することができなかったこと(公私を混同したこと)で彼は非難されるべきだと俺は思う。
つまり、あなたが女性を年齢と結びつけるのは勝手ですが、それを公の場でおっしゃるのはおかしいと思います!という批判なら良いが、
あなたが女性を年齢と結びつけること自体がおかしいと思います。意識を変えてください!という批判には納得はできないな、俺は。
RIE
先生も女性を年齢と結びつけて理解してるんですか?
真栄里
だからそれは違うって!
個人的には全く賛同できない。
RIE
まぁそうですよね、先生は年上好きですからね。
真栄里

とにかく、公の場でのあの発言はアウトだということではRIEと見解の相違はない。
彼の意識は変わらないだろうから今後も似た発言をするかもしれない。
その度に、その発言は公の場ではおかしいと思います!と批判していくしかない。

---終---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。