オーディンの日<行政書士ってナニ? 語源編>1

RIE
今日から仕事始めですね。
今年は仕事始めが早いです(泣)
真栄里
休みの間、映画ばっかり見てたじゃないか!
RIE
休みですからねぇ。
特に「マイティ・ソー」が面白かったです。

真栄里
ソーvsロキ
か。まぁ面白かったな。
北欧神話を題材にしているから北欧の人々には馴染みある話じゃないかな。
RIE
北欧神話が題材なんですね。知らなかった。
真栄里
神話って、今でも日常生活に出てくるんだ。
RIE
日本では北欧神話はそんなに知られてないんじゃないですか?
真栄里
いや、そんなことはない。
例えば、英語で水曜日はなんて言う?
RIE
さすがにそれくらいわかります。
ウェドネスデイ
です。
真栄里
なんだその発音は…


ウェンズデイ(Wednesday)だが、この語源は北欧神話の主神オーディンなんだよ。
RIE
えっ?
真栄里
Woden’s day(オーディンの日)からWednesdayになったんだ。
RIE
へぇ〜と言いたいところですが、そもそもオーディンって誰ですか?
真栄里
映画にも出てきていただろ?
ソーの父親だ。
北欧神話研究者の間ではオーディンとソー(トールとも言われている)に親子関係はないとの説もあるようだが。
RIE
神話はさておき、あのおじいちゃんですね。
真栄里
ともかく、オーディンは、「戦いの父」だとか「勝利の神」だとかの別名があるくらい戦いの神として有名なんだが、知識の神としても有名で、次のような話がある。

ユグドラシル(北欧神話で宇宙を貫いてそびえるとされる大木、宇宙樹)には知恵と知識をたたえている「ミーミルの泉」があり、この泉の水を飲むと知恵を得られるとされており、「ミーミルの泉」の番人のミーミルは、日ごとにこの泉の水を飲んでいるため知恵の塊になっている。
知識欲旺盛なオーディンはある日、ミーミルにこの泉の水を飲ませてくれと頼んだのだが、ミーミルは断った。それでもオーティンはねばって、この泉の水を一口で良いから飲ませてくれと頼んだところ、最後にミーミルは、「そんなに飲みたければ、一口飲ませてやってもいいが、ただで飲ませるわけにはいかない。片方の目をもらおう」と答えた。
オーディンは、一瞬ちゅうちょするが、すぐに自分で自分の片目をえぐり出してミーミルの泉の中に投げ込み、ミーミルの泉の水を飲んだ。

RIE
・・・
自分の片目と知識を交換って…
頭おかしい…
真栄里
それだけ知識欲旺盛な神ということだ。
RIE
でもどうして水曜日がオーディンの日になったんですか?
曜日って7日あるのに。
真栄里
それはまた別の神話が関係している。
ローマ暦では、水曜日はローマ神話に出てくる「マーキュリー」の日とされていて、(北欧の)ゲルマン民族の間では、オーディンは、商人や旅人の守護神であるマーキュリーと同じ位置付けの神だったらしい。
そこで、ローマ暦の「マーキュリーの日」に対応して英語では水曜日をオーディンの日としたということのようだ。
RIE
別の神話まで出てくるんですか?
たかがウェドネスデイのために?
真栄里
暗記するしかないと思った単語でもその来歴を知れば面白いんじゃないか?
英語に関連するちょっとした知識も身につくし。
RIE
英語には興味ないですけど、神話は面白いですね。
神と言っても人間としていることは同じですよね。戦争したりしてるんですから。
神が戦争するって…
全知全能すぎて退屈してるんですかね?
真栄里
そんなことは知らん。
神にも神の事情があるんだろう。
そんなことよりも、映画の見過ぎで頭鈍ってないだろうな!
RIE
そんなことはあり…
真栄里
ます!
だろ?(笑)
いや、いつもと同じか。
あ、そうだ、日本の法体系も大陸と英米からの継受法だ。
刑事訴訟法なんて大陸系と英米系を継受しているから、大陸法由来の「公訴事実」と英米法由来の「訴因」概念が混在していて…
RIE
あ〜、えっとRIEは確か、家賃支援給付金の申請をしないといけなかったです。
時間ないので刑事訴訟法の話はRIEが寝ている時に睡眠学習として教えてください!

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
沖縄在住の特定行政書士、真栄里です。
特定行政書士や行政書士の仕事について少しでも多くの方に理解していただきたく、下記のブログに参加しております。
応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。