ストーリーのない紙芝居<行政書士ってナニ? プレゼン編>5

RIE
えっ?
「シナリオ」・・・ですか?
RIE、小説を書くわけではないんですが・・・
真栄里
小説家だけが、「シナリオ」を創るわけじゃないよ。

RIE
そうなんですか?
真栄里
何をどういう順序で話をするかがとても重要!
RIE
スライドの画像がキレイだったら良いんじゃないですかね?
真栄里
いやいやいやいやいや!
RIE
ちょっ、否定しすぎです。
真栄里
画像だけが綺麗でも「シナリオ」がしっかりしていないと、ストーリーのない紙芝居に堕する!
RIE
「ストーリー」も創るんですか?
真栄里
そりゃそうだよ。
人に訴えかける力を持つ「ストーリー」を「シナリオ」にしないと。
スライドは「ストーリー」展開を助ける手段だよ。
RIE
世の中には、パワーポイントでスライドを作ることを請け負う会社もあるんですよ。
その会社は、「ストーリー」まで創っているんですか?
真栄里
さあ?
それは分からんが、でも、「ストーリー」のないスライドは、訴求力のない紙芝居にすぎないよな。
どういう「ストーリー」にするのかが一番頭を使う重要な部分なんだよ。
そこが上手く行けば「プレゼン」は成功したも同然!
RIE
訴求力ある「ストーリー」ってどういうものですか?
真栄里
たとえば、「竹取物語」の「ストーリー」を見てみようか。
RIE
古典ですねぇ。
真栄里
(1)おじいさんが光る竹を切ると、小さな可愛い女の子が竹の中にいた。
(2)その女の子は、美しい女性に成長した。
(3)その女性(かぐや姫)に複数の男性が求婚した。
(4)かぐや姫はその男性に無理難題を言った。
(5)誰もかぐや姫の要求に応えられなかった。
(6)そのうち、かぐや姫は夜月を見ては泣くようになった。
(7)かぐや姫は、実は月からやってきた宇宙人だったので、月に帰った。
こんな感じの「ストーリー」だ。
RIE
宇宙人だったって・・・
そう言われるとなんか身も蓋もない話に・・・
真栄里
・・・
とにかく、面白い「ストーリー」は、山あり谷ありなんだよ。
「かぐや姫」の話だって、(3)(4)(5)(6)(7)がなかったとしてみ?
単に、竹の中から可愛い女の子が生まれて、美しい女性になりました。
という面白くも何ともない話になる。
誰も心を動かされることはない。
RIE
だから「プレゼン」では聴衆の心を動かす「ストーリー」が不可欠だ、ということですね。
でも、聴衆の心を動かす「ストーリー」ってどう創るんですか?
嘘でも言うんですか?
真栄里
嘘を言ってどうする!!
王道で行くんだよ!

---次話へ続く---

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの方に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。